狭山茶製造・販売 お茶の田畑園 | 新香味茶

新香味茶

田畑園の新香味茶
時間をかけて手間かけて

緑茶用品種を用いて高い香気発揚を実現

緑茶用品種を用いた香りの高い半発酵茶の製造は、困難とされてきましたが、新しい製茶方法により高い香気発揚を実現しました。

既存の緑茶にはない果実や花の香りが発揚し、品種により様々な香りが発揚します。

緑茶用品種の新たな可能性を見出し、新の需要が期待できます。

新香味茶

新香味茶で消費者二一ズに対応

新しいタイプの半発酵茶で日本オリジナルの品質

新しいタイプの半発酵茶で日本オリジナルの品質

製法の分類では半発酵茶。緑茶用品種を用い、新型萎凋機と釜炒り茶製法を用いることで、日本オリジナルの品質となっています。

外国産の半発酵茶と異なる品質で、国内外の多様な消費者二一ズに対応できます。

新香味茶ブランド開発に向けた取組

新香味茶生産のための新型萎凋機の開発

化学合成農薬を使用しない環境に優しい防除法の開発や病害虫複合抵抗性品種の育成に取り組むとともに、釜炒り茶、半発酵茶、紅茶等の新香味茶等の栽培加工技術の開発やこれらに適する新品種の育成、高品質で香味に特徴あるオリジナル品種を育成します。

残留農薬リスクの小さい防除体系や有機栽培体系を確立します。

山間地で取り組みのある新香味茶(烏龍茶)生産は、省力化と品質安定性が課題であったことから、新たな機械を製茶機メーカーとの共同研究で開発し、製法を確立したことで、新香味茶生産の大幅な省力化と安定した品質の新香味茶生産が可能となりました。

さやまちゃ地紅茶
新型萎凋機の詳細
tel

PAGE TOP